2012年5月30日水曜日

鉄道神社、もとい、奥新川神社

仕事で奥新川にいきました。
ここを車で通りますか〜?という、微妙なくねくね道と地崩れ(片付けてありましたが)と真新しい「熊出没注意」の看板におののきながら、山道をつきすすみ、向かう先は奥新川変電所跡…、なのですが、その途中に「鉄道神社」があるはずと、虫六ちょっと期待。

で、ペンキの塗り替えも眩しい鉄道神社に到着!

…と、思ったらここは「鉄道神社」じゃなくて「奥新川神社」でした  ∑(゚∇゚|||)
ええっ?「鉄道神社」じゃないの?通称だったの?
縁起も由来も何も書いていないので、真相は分からないままですが、なんだか真新しい感じに納得のいかない虫六でした。

ちなみに、作並から奥新川にかけては、戦前は仙山トンネルの工事、戦後は作並機関区や奥新川の変電所などがあり、鉄道関係者の社宅などが建ち並んで鉄道村ともいえるような大きな集落になっていたそうです。「鉄道神社」があり、鉄道の仕事で命を落とした人たちを祀ったり、安全を祈願していたなどというのは、いろいろな人から伝え聞いていたのですが、その名前が本当は「奥新川神社」だったというのはちょっと心外…。どういうことか説明してほしいな…。いっそ、改名して欲しいくらいだなぁ。

もうひとつ気になるのは、この鳥居の足下が斜めになっていることです。
どおすか?


0 件のコメント:

コメントを投稿